美術史講座 単発でも参加できます

「現在の写真を理解するための講座」

本講座は、写真ワークショップ2B&Hを主宰する渡部さとるによる「現在アートと写真」の新規講座です。これまでに5回開催され、約60名の方々に受講していただいています。

「最近の写真はよくわからない」ということをよく耳にします。写真は現代アートとしての側面がどんどん強くなってきます。そして現在アートは美術史や宗教と密接なつながりを持っています。

知っているようで実はあまり理解できていなかったヨーロッパの歴史とそれにまつわるキーワード。その基本を知ることだけでも、現代アートの見方がわかり面白くなってきます。

8回(隔週)の連続講座で、各回「A」と「B」の日程を設けています。ご都合のいい方で受講できます。

単発参加もできますので、気軽にお試しください。

受講料 1回4000円 (税別)8回通しの場合 2万7千円(税別)

時間 17時から19時

お申し込み お問い合わせ

workshop2b10th@yahoo.co.jp

「現在アートと写真」の講座 とご明記ください。

場所 杉並区阿佐谷南(詳細等は申し込み後、別途ご連絡)

   最寄り駅 JR「阿佐谷駅」もしくは丸ノ内線「新高円寺駅」

講座概要

1回目 

ルネサンスってなんだ?

商業の発展とキリスト教の世界観

2回目 

フランス革命が変えた世界観

産業革命とブルジョワの誕生が生んだ絵画の変革

3回目 

2度の世界大戦がすべてを変えた

ダダイズムがもたらしたもの

4回目 

アメリカファーストの時代へ 戦後抽象絵画

なぜアートはパリからニューヨークへ移ったのか

5回目 

1950年代から日本にだって現代アートはあった

独自の進化を遂げていく日本のアート

6回目 

コンセプチュアルアートってなんだ?

社会とつながりをもつ現在のアート事情

7回目 「A」10月27日(土)/「B」11月3日(土)

思想と哲学

難しいと思っている人が多いけれど、超楽しい思想と哲学の世界

8回目 「A」11月10日(土)/「B」11月17日(土)

宗教

宗教とアートは切っても切れない密接な間柄

渡部さとる写真ワークショップ2B&H

江古田(練馬区)で14年間続けてきた「ワークショップ2Bは、事務所ビル建て 替えにより、場所を阿佐谷(杉並区)に移し、「H」(エイチ)と名前を変え年 月から新規にスタートしています。